知的拠点 友愛政治塾を創設しよう FSP

2017年
友愛政治塾は、〈友愛を心に活憲を!〉をモットーに最新の知識を学ぶ場として開設されます。

 友愛政治塾は、〈友愛を心に活憲を!〉をモットーに、季刊『フラタニティ』の執筆者を講師に招き、それぞれの専門領域での最新の知識を学ぶ場として開設されます。講師団と塾生によるシンクタンク=知的拠点としても活動し、時には講師団全員の賛同を得たうえで政策的提言を発することもあります。
 ぜひ参加しましょう。   よびかけはこちら

塾長:西川伸一(明治大学教授)

塾長:西川伸一 (明治大学教授)
開講場所 東京都内
第3日曜日午後
☆時間配分 午後1時20分から 講義:90分  質疑討論:70分
☆講師は確定。テーマと開講日は変更の可能性あり。
☆12月は番外、望年会も、自由参加。
受講料 通し1万円
 単回は無し(途中からは別途割引)
 登録受講者が欠席の場合にはその友人が1人出席可能。
受講手続き:事前申込必要→入金
主催:友愛政治塾  Fraternity School of Politics
 事務局:村岡到 
 住所:〒113-0033  東京都文京区本郷2-6-11-301
    ロゴスの会   TEL:03-5840-8525  Mail : logos.sya@gmail.com
    郵便口座:00180-3-767282 友愛政治塾

 2017年の講師団 (講義順)
西川伸一  明治大学教授
荒井利明  元滋賀県立大学教授
下斗米伸夫 法政大学教授
松竹伸幸  かもがわ出版編集長
丹羽宇一郎 元駐中国大使
伊波洋一  参議院議員
澤藤統一郎 弁護士
浅野純次  石橋湛山記念財団理事
岡田 充  共同通信客員論説委員
孫崎 享  東アジア共同体研究所所長
村岡 到  『フラタニティ』編集長

① 1月22日(日)
西川伸一 明治大学教授 自民党の特徴と安倍政権

 安倍晋三首相は繰り返し「憲法改正は自民党の党是」だと主張しているが、本当なのか。自民党史やこれまでの自民党大会の決議ではどのように書かれているのか。自民党の特質と安倍政権の特徴を明らかにする。
 この塾への期待   
 批判であれ称賛であれ、事実を根拠になされるべきだ。願望や思い込みからいくら勇ましい主張を唱えても、説得力をもたないし、共感も得られまい。
 とはいえ、事実を正確に把握するには相当の労力と根気を必要とする。この塾の各講座が少しでもそれを軽減し、受講者各位の「ものの見方」に資することを願ってやまない。

② 2月19日(日)
荒井利明 元滋賀県立大学教授 「習近平の中国」の現状と未来

 

③ 3月19日(日)
下斗米伸夫 法政大学教授 ロシア革命と宗教(古儀式派の存在)

 ロシア革命100年を迎えた。「宗教はアヘンだ」という教条に災いされて知られることがなかったが、実はロシア革命には「古儀式派」という宗教の流れが連綿として強く作用していた。政治と歴史にどう影響したのか。

④ 4月16日(日)
松竹伸幸 かもがわ出版編集長 日本会議をいかに批判すべきか

 近年の日本政治の危険な右傾化の陰で強い影響を発揮している右翼勢力=日本会議への批判はどうあるべきか。単に彼らの「欠点」を暴くだけではない、柔軟で包摂的な批判こそが強く求められている。

⑤ 5月21日(日)
丹羽宇一郎 元駐中国大使 日本と中国の友好外交の道

 「中国の脅威」がしきりに煽られているが、14億人の中国の歴史と現状を知らなくてはならない。そして、動かすことのできない隣国とどのように付き合うことが求められているのか。友好外交の道を探る。
 この塾への期待
 知の衰退と思われるような、真実を知る有識者の沈黙現象が続いている。一方「口先三尺」で国民の信頼、信用を失っているエリート層や主流層の発言の機会が増えている。こうした権力迎合は、少数の意見がまるで多数の知識層の声無き声の状況下では大きく響き、多数意見と化していく。
 この危機的風潮に棹さす知識層の勇気を期待したい。

⑥ 6月18日(日)
伊波洋一 参議院議員 沖縄の歴史的位置と課題

 第二次世界大戦での日本の敗北のなかで、米軍基地の理不尽な押し付けは、どうして生じたのか。琉球王国いらいの沖縄の歴史を捉え返し、沖縄がどのように苦しんできたのか、その理解に踏まえてあるべき姿を展望する。

⑦ 7月16日(日)
澤藤統一郎 弁護士 スラップ訴訟と表現の自由─高額訴訟の被告体験から

 言論の自由を侵すスラップ訴訟が日本でも増えている。DHCによって被告とされ法外な賠償を請求された体験から、その危険な狙いを明らかにし、この言論封殺に対決するにはどうしたらようかを提起する。

⑧ 9月17日(日)
浅野純次 石橋湛山記念財団理事 マスコミの影響力と責任

 マスコミは「第四の権力」といわれ、現代の政治を動かす大きな要因となっている。日本の現在のマスコミはどうなっているのか。市民の立場に立った情報源として有効に機能しているのか。その責任を問う。

⑨ 10月15日(日)
岡田 充 共同通信客員論説委員 日本・中国・台湾はどうなる

 日中関係はどうなっているのか。実は台湾も視野に入れて総体的な関係を掴まなくてはならない。台湾の政治はどうなっているのか。マスコミの視野からは抜け落ちる諸関係を歴史的に明らかにする。

⑩ 11月19日(日)
孫崎 享 東アジア共同体研究所所長 日米関係の深層

 「アメリカが日本を守っている」──多くの日本人がそう思っているが、本当なのか。真実は一つ。アメリカには日本を防衛する義務はない。敗戦後に作られた〈対米従属〉の分厚い壁からどうしたら脱却できるのか。
 この塾への期待
 日本はいま極めて危険な方向に動いている。集団的自衛権で自衛隊が戦闘を行わせる体制を作り、東アジアでは、意図的に緊張が高められている。
 日本が危機的状況に陥っている理由がメディアの政権への迎合にある。その中で自らが良質の情報を獲得する必要がある。この塾は講師の陣容から見てその要望に合致するだろう。

番外 12月17日(日)(自由参加)
村岡 到 『フラタニティ』編集長 日本左翼運動の軌跡と意味

 左翼は依然として小さな勢力に留まっている。政治を動かす大きな力になれないのは何故なのか。新左翼として生きてきた自らの体験に踏まえて戦後左翼の歩みをふりかえり、その根本的欠陥・弱点を抉り出す。

よびかけ

 日本も世界も不安定さを増しつつ大きく変化しています。日本では、昨年9月に安保法制が違憲であることが明確であるにもかかわらず強行採決され、今年7月の参院選の結果、民意を歪曲する選挙制度も作用して壊憲を進める自民党など与党勢力が総議席の3分の2を超えました。経済では、非正規労働者がほぼ2000万人で被雇用者の約40%に増え、子どもの6人に1人が貧困家庭となる深刻な〈格差社会〉となっています。また、福島原発事故の深刻な実害や今後の災害の可能性を顧慮することなく、原発の再稼働が進んでいます。〈脱原発〉も最重要な課題です。
 世界では中国がGDPでアメリカに次ぐ第2位で、第3位の日本のほぼ2倍へと大きく成長し、アジア各国の成長も著しく、アジアの世紀が到来すると言われています。アメリカの衰退は不可避です。戦後の日本を一貫する〈対米従属〉から脱却し、友好と平和の創造をめざす〈東アジア共同体〉を展望しなくてはなりません。
 森羅万象と言われるように複雑さを増し、その事象が瞬時に目の前に伝達される情報革命の進展のなかで、日本政治の劣化は著しく、基礎的な認識の獲得がいっそう求められています。
 友愛政治塾は、〈友愛を心に活憲を!〉をモットーに、季刊『フラタニティ』の執筆者を講師に招き、それぞれの専門領域での最新の知識を学ぶ場として開設されます。講師団と塾生によるシンクタンク=知的拠点としても活動し、時には講師団全員の賛同を得たうえで政策的提言を発することもあります。  ぜひ参加しましょう。